産業機器の総合商社のキクスズ

より広い販路に、多様な商品群をキクスズから

ブログ

キクスズブログ

荒尾特産ご紹介


by staff|2018年9月18日

こんにちは。
熊本営業所所長の江頭です。

さて約3年ぶりのブログとなります。
前回は世界遺産に登録された万田抗やラムサール条約登録湿地の荒尾干拓、
地元の祭り「荒炎祭」についてご紹介させて頂きましたが
今回は有名な荒尾の特産をご紹介します。

それは「荒尾ジャンボ梨」です。
甘さはもとよりなんといっても大きさが一番の魅力です。
ここ荒尾市では梨農園が市内のいたるところで見られ
8月~11月にかけて最盛期を迎え、地元の県道や国道沿いでの直売は
もちろんのこと県外でも販売される程です。

荒尾梨2

先日、仕事を通して今でもお付き合いをさせて頂いている方の
梨農園に足を運び、今年初めて梨を購入してきました。
私個人的にはジャンボ梨と言われる「新高」が好きですが、時期がまだ早く
店には「秋月(あきづき)」と呼ばれる品種が販売されていました。
(初めて聞く名前…と思いながら)

久々にお話をしながら試食をモグモグ… ん~やっぱり美味しい!
購入した物とは別にさらに5~6玉サービスで頂き、子どもたちは大喜び!
とは言いながら「秋月」という、地元に住んでいながら初めて耳にする品種に
尋ねたところ最近できた新しい品種だとか。
ただいま人気急上昇の品種らしい。
という事で自身初めて荒尾梨の品種について調べてみました。

幸水・豊水・秋月・新高・新興・愛宕と実に6種類。
甘み、柔らかさ、酸味などそれぞれに特徴がある事が分かりました。
その中でもジャンボ梨と呼ばれている「新高」はどこの農園でも
メインの梨となっているようで、大きいもので1玉1kg近くになるものあり、
荒尾梨の数ある品種の中でも大きさ、人気ともに横綱級の梨といってもよさそうです。
新高は10月に入り最盛期を迎えます。

荒尾梨1 

遠方から来られた大半の方が「熊本と言えば馬刺し」と良く言われますが、
もしこの時期に県北に来られる方がいらっしゃれば、是非この荒尾市にも
足を運んで頂き「ジャンボ梨」をご賞味ください。
大きさはもとよりジューシーな味にも必ずご満足して頂けると思いますよ(笑)
                          
                             (江頭 文隆)